スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接行って来た

2009年07月07日 12:32

人生で3回目の面接

仕事内容は精密(パチンコのモニター関連)なんだけど
2年前に精密に2年間勤めていたから余裕だろ!とか思ったらそうでもなさそうだ

半田槽の管理の募集だったんだが俺は半田槽ほとんどやってないわけで
基本オペレーターでその後に手差し工程(半田槽含む)をしてた
その後チップ抵抗挿入機とかアキシャルやラジアルや検査機のプログラム作成をしてた。

プログラム作成しながらPCでネットしてPSOBBやったりハンゲでチャットしてたけどねwwwww

とりあえず給料も24万くらいだったしコレ良くね?みたいな感じで早速応募したんだが
応募者が俺が申し込んだ時点で6人 採用人数は2人  恐らく俺の後にまだ追加されて15人くらいにはなってるかと思われる

今日の10時半から面接だったから電車で40分かけて行ったはいいが時計を忘れる始末。
駅を探しても無人駅だったので時計は無い
周囲は公園とかで時計は無し


詰んだ


時間がわからねぇwwwwwwwwww

一応電車の着いた時間が9時43分

工場の周りを一周して周囲の建物も観察

突然雨が降ってきたので小便してそろそろ行くか~と思い潜入

受付で来客表みたいなのに名前書いて来客のバッチを胸に付け面接会場の食堂へ











そこで待ち受けていたのは!!!

俺の1つ前に面接に訪れた人だった。

もちろん面接中

時計を見ると10時03分

HAEEEEEEEEEEEEEEEE


俺来るのHAEEEEEEEEEEEEE


清潔感溢れるおっさんがニコリとこちらに微笑む
俺は軽くお辞儀

そして待つ事30分
待ってる間は横の道路通る車数えてた ちなみに37台 SUKUNEEEEEEEEEEEEEE


早速面接を開始

なんか筆記するっぽくて書いてる間に清潔感溢れるおっさん「略してマダオ」が俺の履歴書を凝視
数分後、俺を凝視

まだ俺筆記してる。
しかもいつも通りに汚い字 ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

書き終わって提出すると色々と質問をされた。

黙々と質問に答えていったはいいが1つの質問で俺は答えを失った。


マダオ「貴方がもし採用されたとしてわが社にとって何のメリットがありますか?」


俺「・・・・」


ねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ニートなんで暇してて職決まれば一生懸命やりますとでも言えってか?wwwwww

1分くらい悩んで志望動機の中の
2年前に同じ精密の仕事をしていたので1から教わるのではなく、今までの経験や知識を活かして仕事が出来ると思います

って言ったわけだ



その後マダオから放たれた一言

マダオ「そういうのじゃなくて会社へのメリットってあるかな?」

俺「・・・・・・・・・・・・・・そうですね~・・・・・・」

マダオが微笑みを浮かべながら見つめてくる

2分ほど悩んでるとマダオが次の質問にしてくれた。

正直助かった

その後、工場を案内されたんだが俺の前に面接してたオバサンは案内されてなかった。
オバサン・・・THE END

とりあえず1週間後に返事をくれるっぽいが半田槽を長年経験してた人も面接に来たらしいので
可能性は30%くらいと見ていいだろう。

仕事につきたいお。・゚・(ノД`)・゚・。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gimlet00psu.blog116.fc2.com/tb.php/284-3246bbe1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。